2010年09月27日

お風呂が激しい

子地蔵は水遊びが大好きです。

22.jpg



なので、お風呂も好きなんだけど、最近は遊び方が激しすぎてブレまくります。

21.jpg

posted by ボフ at 12:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉ハイキング

昨日行けなかったリベンジに行ってきました、鎌倉ハイキング。


山への上り口はまずこんなお寺の門のわき道を行きます。

15.jpg

6.jpg



わき道はもうプチ山状態に森林。

4.jpg


でも普通に民家が連なっていて、門がこんなだったり。
ステキすぎ。

13.jpg



途中かわいい野生のリスが木々を渡り歩いていて、私はちょい興奮。


どんどん山深くなっていきます。

16.jpg




いくつかあるハイキングコースの一つなんで、
てっきりある程度は道が整備されてるんだと思った。

でも、奥に入っていくほど、完全に獣道。
こんな木の根っこが天然の階段を形成しています。

5.jpg


1.jpg




足元の悪い道なき道。
すぐ脇は断崖絶壁だっつーのに、垣の類はいっさいなし。
全ては本人の責任に任される道のりです。


でも深い山の中で、念願でもあるディープな森林浴をしている母はハイテンション。
木々の清清しい香りと綺麗な空気。サイコーに気持ちいい。





上りきると、そこは源氏山公園。
小さな神社と頼朝像があります。
とりあえずお参り。

2.jpg





そして最後に銭洗弁天へ寄り道。
銭が倍になるとありゃぁ洗わずにはいられない。

9.jpg


12.jpg



お線香の煙で全身を浄化します。

10.jpg








子地蔵はこの小さな赤い橋と、その奥にある小さな滝が気に入ったらしい。

14.jpg




そして表通りに出ると山中を一駅分も歩いてたことに気付きびっくり。
北鎌倉に車を止め、出たところは鎌倉駅のもっと先。
駅前のサンマルクで大好きなチョコクロのミルククリーム入りバージョン「ミルクロ」を発見し、
運動の後のおやつに買って、鎌倉から北鎌倉まで電車に乗って帰りました。




とにかく森林、森林、森林な母。
ばーさんか。



帰宅してご飯食べた後は近くのスーパー銭湯に旦那と交代で行きました。

森林に癒され、疲れを塩サウナで癒す。
サイコーのお休みだ。


posted by ボフ at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白糸の滝

ディープな森林浴がしたい!
最近の母は心も体も森林を求めてやみません。
なぜなら一番癒されて、更にチャージできるのが森林だから。



そんなわけで最近のお休みは森林や神社系ばかり行ってます。



今日は鎌倉の山をハイキングしたかったのだけど、
家を出たのがもう4時だったので、
近くの旭区にある白糸の滝ってやつを拝みに行きました。



普通の住宅街の中に少し大きめの公園があって、
その奥をちょっと下がると小さいながらも威厳のある滝がありました。

20.jpg




異常な数のオーブが写っちゃってますが大目に見てください。(見れねーって!?)
※水しぶきではありませんのよ。

私の写真はよくオーブが写っちゃうのですよ。
それにしてもこの数は半端ないね。
すぐ上に小さな神社があるからそのせいか?

あまり霊的なものを信じないタイプの旦那もさすがにこれは…とひいてました。
ま、気持ちよかったので気にしない気にしない。(気にするって!?)


滝の反対側の橋がまたステキな景観。
この景色だけでごはん3杯はイケるね。

8.jpg



その後は上の公園で子地蔵を遊ばせました。

18.jpg


17.jpg




普通のブランコも何とか一人で乗れるようになったよ。
(でもつきっきりじゃないとかなり危ないけど)

7.jpg





posted by ボフ at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

医者も言い方を考えるべき。

今日は妙に寒いなぁ。
猛暑が落ち着いたのは良いのですが、
秋が一番好きなので、秋らしい中間の気候をお願いします。



そして秋冬といえば、子地蔵の怒涛の風邪ラッシュ期間。
数週間前に久々に高熱を出し、始まったなと思ったんだけど、
この風邪がなかなかしぶとい。


この時の熱は翌朝には下がり、念のためその日も休み、
元気に保育園にいき始めたと思ったら、
翌週の夜にまた突然高熱。


あまりにいつもと変わらず元気なんで気づきませんでした。
ただし、この夜はさすがにうなされたように夜泣きがひどく、朝まで続く。


翌朝にはすっかり下がり、また元気に登園。



と思ったら、その週末激しい下痢スタート。
それでも元気なので様子を見ていた。
なかなかおさまらない。でも元気。



月曜に念のため病院へ。
薬をもらって午後から私も出社する予定で。



がしかし、大して混んでもいないのに呼ばれたのが2時間後(この時点で11時)。
保育園の給食は11時からで、13時くらいまでしか取っておいてもらえないので焦る私。


前回の「おちんちん痛い」事件を考えても、
一度おしっこ検査で腎臓の炎症がないか調べた方が良いということで
おしっこバック装着。

この時点で3時間経過し正午。


いつ出るかわからない状態で、これ以上待たされるのは私も子地蔵も限界だったので、
午後出勤は諦め、会社と保育園にお休みの連絡を入れ、
午後におしっこを持ってきますと告げ一旦帰宅。


とりあえず、お昼を食べた後に飲ませるようにという計らいだと思うんだけど、
先生が風邪とお腹の処方箋を出してくれたのですが、
薬局がまた混んでいて、朝から何も食べてない子地蔵は爆発寸前。


薬より腹ごしらえと休憩の方が先決と判断し、帰宅。



15時過ぎにおしっこを持って再び診察。
また1時間待たされるも、おしっこは異常なしで一安心。


薬飲ませた?と聞かれ、まだもらってませんと答えると、
「そういうことはしちゃだめだよ。少しでも早く治してあげないと」と
割ときつくしかられる。


状況を見てください先生。
3時間も狭い部屋で2歳児は我慢したのだよ。
食欲がどうしても出なくて朝も食べれなかったの。



挙句の果てに、先週の発熱の際、中耳炎を疑って耳鼻科に連れて行ったことを話すと、
「こういう情報(病気に関する話)は耳鼻科なんかじゃ得られないんだから
ちゃんと小児科に行かなきゃだめなんだよ!」としかられる。


意義あり。
あなたは耳鼻に関する知識は豊富ですか?
この病院で耳掃除をしてくれますかい?

え!?どうなんだい!!??


中耳炎の疑いが晴れた段階で、もう一度小児科に連れて行くべきだったのかもしれないけど、
中耳炎を何度か患っているのだから、熱が出た時はそれも疑うのは当然でしょ。

明らかに耳鼻や眼科なんかの専門医を下に見る態度。
内科と外科が一番偉いのかい。
一人で白い巨塔してる感じよね。




やっぱり私はこの先生が苦手だ。
いつもの病院が混んでたからしょうがなく行ったんだけど、
やっぱり苦手だ。



もう二度と行かないぞーってな気分だけど、
来週血液検査の結果を聞きに行かねばならない。



そう、子地蔵の風邪はアレルギーとか色んなことが複雑にからんでるからと言われ、
この機会にアレルギー検査をしといた方が今後の治療も楽になると言われたので、
ついでにやってもらったの。



2人の大人に押さえつけられ、小さな手に細長い管を通して採血。

口は完全にへの字になりベソ状態でずっと「ママ〜…ママちゃ〜ん…」と
ずっと弱弱しい声で呼び続ける子地蔵。
もう切ない…。

ほんと、こういう姿は見たくないですなぁ。



だけど最後まで泣かずに必死で頑張りました。
偉かった!


早くよくなりますように。







posted by ボフ at 13:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セレスタイトとセレナイト

先日新しい石が我が家に仲間入り。



<セレスタイト>

セレスタイト.jpg



セレスタイトが何百年という時をかけて圧縮されると「エンジェライト」になります。
深い慈愛を宿し、強力だけれどとても優しい浄化力でお部屋を心地よい空間にしてくれます。
あらゆるもののバランスを調整する作用があり、ストレス緩和、
心身の調和、心の平穏を与えてくれます。
安眠効果が抜群で、ベッドサイドストーンとしても最適です。






先週は何かと色々大変で、頑張ったご褒美にと旦那が買ってくれました。
もちろん私のリクエストだけど。

なかなか良い石を売っている石屋さんを近くのショッピングモールに見つけたので、
さっそく買いに行くと、セレナイトを発見!




<セレナイト>

セレナイト.jpg



ギリシャ語で月を意味するセレーネが名前の由来で、
その美しさから「聖母マリアのガラス」と呼ばれていたそうです。
不安定な感情を安定させ、精神的なストレスを癒します。
優柔不断な面を矯正し、洞察力や直観力を高め、様々な意味での気付きを与えてくれます。

非常に強力なヒーリング作用があり、その作用の仕方は独特です。
持ち主の遥か遥か昔のルーツにアクセスし、
その時の古い傷から癒していくと言われています。

独特な特徴として、他の石のパワーを増幅させながら吸い込み、
別の石にそのエネルギーをチャージ(移す)する作用があるとされています。


この石も前から欲しいなーと思っていた。
このタワー型、あまり売ってないので速攻自腹でゲット。


どんどん増えていく石。
でもまだまだ欲しいのがたくさんあるのだ。



posted by ボフ at 12:45| Comment(0) | 天然石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

肺炎疑惑と研修医

ここ2日間息子が久々に発熱し、私も欠勤して家にいます。
発熱だけならしょっちゅうだけど、なんだか呼吸が早い。
それでも元気なんだけど、呼吸がちょい不安。

午前中に地元の小児科に行くと、肺炎の可能性もあると言われました。
一応咳用のお薬を貰い、改善しない又は悪化するようなら救急へと言われ、
一旦帰宅して様子を見ていたのですが、やっぱり呼吸は早いまま。

熱も38〜39度をいったりきたり。
早いうちに受診しといた方が良いと思い、夜になって救急へ行きました。


救急はほぼ研修医なのかな。
今回は若い女性で、とても優しくて良い先生でした。
が、研修医なのかなーと思うとやっぱり不安なのだよね。

だからいちいちつっこんでしまいます。


私「やっぱり肺炎だともっとぐったりして、こんなに元気なことはないんでしょうか?」
医「いえ、普通に元気で肺炎に気づかないということもあるんですよ」


胸の音はきれいだし、今日もらったお薬で様子を見ても
大丈夫じゃないでしょうかと言われたので、


私「肺炎かどうかは胸の音でだいたい判断できるものなんでしょうか?」
医「それが音がまったくしない肺炎もあるんです」




結局私のつっこみにより、レントゲンを撮る事になりました。
不安でわざわざ救急へ来たので、もっとハッキリと大丈夫という証拠が欲しかったのです。


結果は肺炎じゃなかったー!
良かったよぉ
ただ気管に痰がだいぶ溜まってるので、気管支炎と言ってもいいんじゃないですかね、だって。


私も気管が弱い方で、何度か気管支炎をやってるのでわかるんですけど、
気管支炎の咳は尋常じゃないのですよ。

子地蔵の咳はひどくなり始めてたけど、それほどではない。
正直、気管支炎の診断も微妙だなーと思ってみたり。



翌日の今日は熱も下がり咳も殆どなくなった。
てことはやっぱり気管支炎は違うでしょーよ。











posted by ボフ at 15:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

おちちゅいて。

今日、子地蔵が大好きな新幹線のDVDを見ていて、
音楽のジャンジャン!っていうリズムに合わせて「ヒーヒー!」と高い裏声で歌いだしたので、
母が真似して一緒に歌ってました。



途中で子地蔵が歌うのを止め笑っていたので、
母は一人で続けていると、子地蔵は言いました。










「ママ、おちちゅいて!」





どうもすいません。




IMG_0893_convert_20100906225247.jpg


posted by ボフ at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

水遊び

保育園でも大好きな水遊び。
今日は親戚のお宅へお邪魔して、同い年のいとこと一緒に水遊びをしました。

IMG_0894_convert_20100906225304.jpg


IMG_0896_convert_20100906225339.jpg





ちょっと大きな穴のシャボン玉にチャレンジ。

IMG_0898_convert_20100906225402.jpg



初めは出来なかったけど、すぐに習得しました。

IMG_0899_convert_20100906225422.jpg





肉体派の子地蔵、やはりここでもトレーニングは欠かしません。

IMG_0901_convert_20100906225436.jpg


二人ともパパに持ってもらって、上下にブンブン起きたり下に倒れたりをひたすら繰り返す。
こんなチビッコなのに、私より腹筋と背筋があるっぽい。

やってもやっても大はしゃぎで止めようとしないので、
パパ達の方が最初にバテました。
恐るべし2歳児。



お腹が空いたのでトウモロコシを頂きました。

IMG_0904_convert_20100906225457.jpg



めちゃくちゃ甘くておいしかったねー。



今回も沢山ごちそうになりました。
ありがとうございます!






posted by ボフ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。