2009年10月29日

手作りコスメ ボディー用セラミド乳液

化粧水に引き続き、ボディ用のセラミド乳液。
同じく乾燥がちな子地蔵と共用です。

IMG_0179.jpg


乳化させる為にひたすらかき混ぜます。


IMG_0183.jpg


出来上がり♪



<レシピ>

・ホホバオイル 大1/2
・月見草オイル 大1/2
・アボガドオイル 小2
・精製水 大10
・植物性乳化ワックス 小1と1/2
・セラミド水溶液 小2
・ラベンダー精油 3〜4滴
・ブラックウィローバークエクストラクト 3〜4滴


<作り方>

1)ホホバ・アボガド・月見草オイルと乳化ワックスを耐熱皿に入れ、
 ワックスが溶けるまでレンジでチン。
 ※様子を見ながら10秒ずつぐらい数回に分けて加熱しましょう。

2)同時に精製水を湯煎にかけ60度前後に暖める。

3)1が溶けたら、そこに加熱した精製水を少し加え、乳化するまでかき混ぜる。
 乳化してきたらまた少し精製水を加えかきまぜ…を繰り返す。

4)乳化したらエクストラクト、セラミド、精油を加えてよく混ぜる。


※固さは精製水とワックスの量で調整出来ます。




トロトロの出来上がりなのでよくのびて塗りやすい。
しかもべたつかないのにしっとりしていいです。



※セラミドは水溶液と原液では分量が異なります。

※乳幼児や妊婦さんに使える精油には制限がありますのでご注意ください。

posted by ボフ at 00:31| Comment(2) | 手作りコスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作りコスメ 尿素入りヒアルロン酸ネロリ化粧水

今日の手作りコスメは尿素入りヒアルロン酸ネロリ化粧水。←長い…。

IMG_0182.jpg

出来上がりが青いボトル。


<レシピ>

・ネロリウォーター 100ml
・植物性グリセリン 5〜10ml(出来上がりの5〜10%)
・尿素 1〜3g
・ヒアルロン酸 小1/2
・ブラックウィローバークエクストラクト(天然保存液)


※GSEはヒアルロン酸と相性が悪いらしいので、
 今回はブラックウィローエクストラクトを使用。


10月に入って急激に乾き、敏感肌になった私。
長年愛用してきた化粧水がビリビリと火傷したんじゃないかというほど
しみるようになってしまった。
しかも細かく皮むけ。

よっぽど皮膚科に行こうかと思ったんですけど、
材料があったので少しだけ作って試したら、嘘のようにしみない。
しかも激乾燥肌でも乾く事なく。

尿素入り化粧水は皮膚科医がアトピーの方向けに考案したのが始まりらしいですが、
刺激を感じる人もいるそうで、
成分的にもずっと使い続けていくには向かないらしい。
分量も上限値をしっかり守る必要があるらしいです。


今回は痛んだ肌を改善するべく、少しの間この成分を使ってみようかと
あえて入れてみました。


※このレシピは尿素を溶かしたネロリウォーターに
その他有効成分を混ぜるだけです。
尿素原液を作って、数倍に薄めて作る場合は分量が異なりますのでご注意ください。



posted by ボフ at 00:08| Comment(0) | 手作りコスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

手作りコスメ ルースパウダー/リキッドファンデーション

手作りコスメの材料が届いたので、
今回はルースパウダーとリキッドファンデーションを作ってみました。

IMG_0155 22-18-37.jpg



<ルースパウダーレシピ>

・ステアリン酸マグネシウム
 (白色パウダー/しっとりした粉なので乾燥肌や秋冬用コスメにいいとか)
・超微粒子二酸化チタン(白色パウダー/UV対策)
・超微粒子酸化亜鉛(白色パウダー/UV対策)
・酸化鉄イエロー
・酸化鉄ライトブラウン
・酸化鉄ブラック
・ウルトラマリンピンク
・マイカパール
・パールグリーンニュアンス
・GSEパウダー(天然防腐剤)
・植物性グリセリン
・ラベンダー精油

ーーー作り方ーーー

1)粉類を全て乳鉢でひたすらすりつぶす。
2)色材の色が出なくなってきたら、グリセリンと精油を入れて
  完全に馴染むまでひたすらすりつぶす。


ファンデは皆さんが言うようにとにかく思い通りの色を出すのが難しい。
初めは妙に黄味が強く、顔色が悪くなるような色になってしまったので、ステアリン酸マグネシウムを沢山足して色を薄くしてから、
ウルトラマリンピンクを少しだけ混ぜたら、
ずっと愛用してきたコスメデコルテのルースファンデとほぼ同じ色の粉に完成♪

ただ、パール感のあるパウダーにしたかったのに
マイカパールもパールグリーンニュアンスもまったくパール感出ず…。
パール感たっぷりのいい粉はないものか。





<リキッドファンデーションレシピ>

IMG_0165.jpg


・月見草オイル
・精製水
・ステアリン酸マグネシウム
・ウルトラマリンピンク
・マイカパール
・乳化ワックス
・植物性グリセリン
・ルースファンデーション
・TGR
・ラベンダー精油


ーーー作り方ーーー

1)月見草オイルに乳化ワックスを入れ、60度に暖め、
  ワックスが溶けたら精製水を少しずつ加えて泡立て器で混ぜる。

2)上記のルースファンデにウルトラマリンピンク、
  マイカパールを混ぜてすりつぶす。

3)1が乳化してきたらTGRとルースファンデを加えて混ぜる。

4)冷めたら精油とグリセリンを入れて混ぜ、消毒した容器に入れる。


ルースファンデはオイルと混ぜると色が濃くなるのでかなり白めに作るべし。
試行錯誤の結果、愛用していたRMKのリキッドファンデに割と近い色に仕上がりました。

が!実際塗ってみると思ったほど色が付かない。
いわゆるカバー力は殆どなしです。
使用感は…一日経ってもテカリやヨレがないのはいいんですが、
むしろ若干乾燥する感じがします。

カバー力と保湿力。
ファンデにとって一番大切なものが欠けてますな。
改良の余地あり。

でも市販の化粧品よりも断然肌に優しいのがよろしいです。



今回はちょこちょこあれを足してこれを足してって感じに作ったので、
肝心の分量が曖昧。


しばらく試行錯誤が続きそうです。
それでも容器に入れるとそれっぽい。

IMG_0168.jpg



<材料の購入>

マンデイムーン
NEALSYARD REMEDIES
ringa ringa soap
生活の木
□LOFT
□カリス成城



<追記>

使ってみたら意外に良くて毎日使っています。
カバー力は確かに弱いですが、
隠したい部分にほんの少しだけ手持ちのファンデを乗せ、
それ以外はこれのみでバッチリ。

しかもメイクしていないかのように軽くてストレスがありません。
最高♪






posted by ボフ at 00:44| Comment(2) | 手作りコスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

手作りコスメ

今夜も外に出たいとグズり始めた子地蔵あせあせ(飛び散る汗)
今日は父の帰りが遅いので一人で対処はきっついってことで、
二人で夜ドライブ車(セダン)


寝るまで15分くらいだったか。
ガソリン代はもったいないけど、手っ取り早い方法です。



ところで最近保湿クリームを作ってみました。

IMG_0022.JPG

1.jpg



<ヒアルロン酸クリームレシピ>

・月見草オイル 小さじ2
・精油(ラベンダー)3滴
・精油(ゼラニウム)2滴
・100%ピュアシアバター 小さじ1
・植物性乳化ワックス 小さじ1
・ヒアルロン酸 小さじ1
・海草コラーゲン 小さじ1
・精製水 大1


激しい乾燥肌なので、こってりしたクリームを作りたくて
シアバターを入れてみました。

IMG_0023.JPG



初めはやっぱり若干ベタつくなーと思いますが、
だんだん肌になじんできて、しっとり・もっちり度抜群るんるん

化粧乗りも最高に抜群だし、天然素材で体にもやさしい。
しかも経済的exclamation×2


今回使ったヒアルロン酸と海草コラーゲン。

IMG_0020.JPG

これは水溶性なので粉末よりも使い勝手が良い。
普段使っている化粧水にも数滴入れて使ってます。
かなりいいグッド(上向き矢印)
最近肌の調子良いです黒ハート



更にルームフレグランスも。(後ろの青いボトル)

<レシピ>

・精製水 50ml
・無水エタノール 50ml
・精油(スイートオレンジ)数滴
・精油(ベルガモット)数滴
・精油(マンダリン)数滴

これ、混ぜるだけ。
柑橘系の香りが一番好きなので、柑橘シリーズの精油だけを使いました。
気分によってグレープフルーツの精油なども入れてみたり。


本物のグレープフルーツの皮を剥いた時のようなリアルな香りぴかぴか(新しい)
ハンパなく良い香りでもう市販の物は使えなくなりました。



このルームフレグランスは虫除けにも若干効果あります。
特に蚊などは柑橘系の香りが苦手なので、
外に出るときは肌にスプレー。

100%の効果ではありませんが、大分効きます。
虫除け用にはユーカリやミント系の方が効くかも。



posted by ボフ at 23:36| Comment(2) | 手作りコスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。