2011年08月09日

どんだけ好きだよっつー。夕日の滝。

先週末はまたしても夕日の滝と酒水の滝に行ってきました。

酒水の滝
IMG_1460_convert_20110809231853.jpg


夕日の滝
IMG_1476_convert_20110809232048.jpg

IMG_1480_convert_20110809232105.jpg


夕日の滝の河原
IMG_1488_convert_20110809232159.jpg

IMG_1489_convert_20110809232126.jpg


途中さらっと雨が降りましたが、それはそれで涼しかったのでよしとしました。



帰りに近くの山北駅に機関車が展示されているというので立ち寄り。
IMG_1464_convert_20110809231921.jpg


通り抜けもできたよ。
IMG_1469_convert_20110809231950.jpg



行きはすいすい行けたのに、帰りの高速は30kmの渋滞という情報だったので、
仕方なく下道を帰りました。

17時過ぎに出たのに、家についたのは21時を過ぎてたー!
辛かった〜…





posted by ボフ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

鎌倉ハイキング

暑い暑いと騒いでいたら、台風後はめっきり涼しくなりました。
まだ7月だというのに、エアコンが全く必要ないなんて。

今年は蝉も全然泣かないし、
毎年悩まされる蚊も全然いない。


快適なはずなのに
こんなご時世なだけにかえって気味が悪いです。



とかいって気にしていても始まらないので、
今日は2度目の鎌倉ハイキングに。
あら、3度目だったか?


前回大仏さまを見た後に行く予定だったのが、
急な雨で断念したコースを回りました。


鎌倉駅近くの駐車場に車を止め、
大仏様のある長谷駅まで江の電に乗ります。



その後、
IMG_1453_convert_20110724123014.jpg

大きなトンネルの脇に目立たずひっそりと伸びる長い階段を、
ひたすら登ります。



そもそも暑くはなかったけど、
鬱蒼とした山の中は更に涼しい!

IMG_1454_convert_20110724123041.jpg



何度か転びながら、一生懸命険しい山道を歩いたよ。

IMG_1458_convert_20110724123056.jpg



山!

IMG_1459_convert_20110724123110.jpg




なんで山ってこんなに癒されるかなー!
やっぱり母は海も嫌いじゃないけど、
マイナスイオンたっぷりの山の中の澄んだ空気が一番癒されます。



野生のリスも数匹見ました。
子地蔵もかわいいね〜とご満悦。


完全な獣道や、木で簡単に作られた急な階段を、約1時間ほどは上り下りしたかな。

銭洗弁天の近くに出たので、ちょっとだけ寄って手を荒い、
駐車場へ戻りました。


帰りは恒例となったサンマルクカフェのミルクロを食べて帰宅。


4駅分、1時間も険しい山道を歩くって、
よく考えたら3歳児にしては頑張りました。


父いわく、鎌倉のハイキングコースはほとんど制覇したらしいです。
次のハイキングコースも探さないとね〜。

posted by ボフ at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

やっぱり解せないあの医者

久しぶりに子地蔵、夏風邪を引きました。
と言っても熱はなく、咳と鼻水だけでちょ〜元気。

1歳の頃は毎月のように保育園から呼び出されていたけど、
特に今年は病気をした記憶がないくらい丈夫になりました。



ですが、咳がけっこう酷く、夜何度も起きてしまい、
親子共々睡眠に支障が出るためしょうがなく午前中病院に行きました。


非常に嫌ですが、あの辛口母ちゃん先生のもとへ。


いつものようにちょっとツンケンした感じで、
薬の説明もないまま(←後で気付いた)診察は終わり、
薬局へ処方箋を出すと、量が多いので少し時間がかかると言われる。
(そう言えば、処方箋が2枚になっていて妙に多いなと思った。)


そして薬剤師さんに「ただの風邪ですか?」と
妙に不思議そうに聞かれました。

ただの風邪にしてはあんまり処方の量が多いと思ったよう。


しかも、一度も熱は出てないっつってんのに、
なぜか解熱剤の座薬。


40度近く出ていても、今の小児科は解熱剤はなるべく出さないでしょう。
子地蔵も一度も出されたことない。


おかしい。



そして薬剤師さんは不思議そうに言った。

「この先生はいつも処方が多いなと思うんですよね」



おかしい。
完全におかしいべ。




お医者さんて、処方も点数稼げるんじゃなかったか?
え?そういうこと?どういうこと?




地元で一番良いお医者さんは、やっぱり人気があるので
待ち時間が長く随分言ってないけど、
この母ちゃん先生のとこも、大して人がいない割には長い。

今日も子地蔵の前に待っていたのは2人だけだったのに、
終わったのは1時間半後よ。


確かに出来る先生だけど、
やっぱり合わないのでこの病院は嫌です。



子地蔵は、病院の後にすぐ元気に保育園へ行きました。
給食なんとか間に合って良かった〜。






posted by ボフ at 15:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

癒しの滝をハシゴ〜酒水の滝・夕日の滝

そろそろ私の体が自然を求め始めたので、行ってきました。
今回は暑いということもあったので、山の中にある川か滝をテーマに探し、
辿り着いたのが足柄の「酒水の滝」(しゃすいのたき)。

山道の入り口はこんな美しいせせらぎ。
IMG_1397_convert_20110718202203.jpg


あ〜やばい。
これを求めてた〜!

一歩この日陰に入っただけで信じられないほど涼しい。


山道のゆるい坂をちょっとだけのぼり…
IMG_1399_convert_20110718202231.jpg


辿り着くはこんな絶景。
IMG_1404_convert_20110718202249.jpg


やばいでしょーこれはー。
でも残念ながら、落石の危険がある為、手前の赤い橋までしか行けず。

でも最高に素晴らしい景色です。


帰り際、途中にある沢で水遊び。

IMG_1409_convert_20110718202306.jpg

IMG_1420_convert_20110718202347.jpg


非常に澄んだ水はびっくりするほど冷たくてきもちい〜!
まじさいこ〜♪



しばらく沢の冷たさを堪能した後、次は5kmほど離れたところにある「夕日の滝」へ。

キャンプやバーベキューを楽しむ家族連れで賑わっている傍らに、
これまた美しい河原。

IMG_1426_convert_20110718202444.jpg

子供達もみな大はしゃぎさ。


この河原の上にある鬱蒼とした木々の間をちょっとだけ登り…
IMG_1427_convert_20110718202602.jpg


辿り着くは、夕日の滝。
IMG_1429_convert_20110718202518.jpg

高さも滝壺の大きさもさほどありませんが、
猛暑とは思えない程ひんやりした空間に、マイナスイオンたっぷりの水しぶき。
周りは高い木々に囲まれて、そのあまりに癒し度120%の空間に、
みんなうっとり状態。

滝壺周りをごろごろと囲む大きな岩々に腰掛けて、
何をするでもなくただぼーっと癒しを堪能する皆さん。


もうほんとに動けない。ここから離れたくない。
家の近くに欲しい。この滝。


せっかくなんでここにも入ってみたよ。
IMG_1443_convert_20110718202639.jpg


つーめーたーーいーーー!

水の冷たさと、空間自体のひんやり感によって、
段々体が冷えてきます。信じられないよね。この猛暑に。


非常に名残惜しいですが、帰りの高速も込みそうだというんで、
重い腰をあげました。


途中にあったさっきの河原にも15分ほど寄り。
IMG_1446_convert_20110718202657.jpg


暑い夏に冷たい川遊び。
子地蔵もいつも以上に大はしゃぎで、大人は想像以上の癒しパワーに浄化され、
最高に良い場所を発見した♪


今の時期なら必ず水に入るべし!
着替えとタオル、ビーサン必須です。



<おまけ>
駐車場でずぶぬれの服を着替えようと裸ん坊になった途端、
暴走する野生児。
IMG_1449_convert_20110718202740.jpg


posted by ボフ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

猛暑でも

あづい…あづすぎる〜
節電が叫ばれるこの時期にあざわらうかのような猛暑。

とけるー!
ならばついでにお腹の脂肪も溶けてくれるというならいくらでも我慢しよう。


気付けば最後の更新から2ヶ月も経ってましたが、
子地蔵家はみな元気です。

母は会社でもスタッフブログ担当で、
始めてからあまりにアクセスが多いので、
次からTwitterのつぶやき担当にも任命されました。

正直言って、本業のデザインが押され気味です。
文章を書くのは大好きなんで、それが仕事になるのは嫌ではないけど、
書き疲れてなかなか子地蔵日記が書けない…。


老後の楽しみに、自分用の記録として始めたブログなので、
もうちょっとがんばろー。




ところで、子地蔵は暑いも寒いも全く関係ないようで、
お休みの日は午前も午後もパパと外遊び。

そういうとこ、子供って羨ましいね。


そして、いっちょまえにものを言うようになりました。
時々びっくりするような生意気なセリフを言ってみたり。
でもその声はまだ当然幼児の声で、
舌足らずなかんじはまだまだ残っているのがかわいい。


でも、生意気なこと言うな〜と思うんですが、
よく考えてみると、私たち親が言うことを完全にコピってるわけ。

特に私の言うセリフや言い方に非常に似ているため、
時々おねぇみたいになってます。

ほんと、ヘタなことは言えません。


毎日毎日、1日中遊んでもエネルギーを消費しきることはできないようで、
親の体力は完全についていけず。
子供は若いうちにっていう言葉を痛感してます。


ゲームを始めるとうまく出来ずにイライラして泣いたり、
スーパーでは走り回って毎回ママに怒られたり、
なんかするとすぐに「やーだよー!」とカチンとくるような言い方で返してきたり。


なかなか大変だけど、
それでもこちらの言ってることを理解して素直に聞けることも
多くなってきました。

そして、悪い事をしたときはちゃんと「ごめんなさい」を言えるようにもなった。


日に日に成長を感じますねー。



posted by ボフ at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

3歳児検診

今日は3歳児検診。
母は会社を午前中で早退し、近くの福祉保険センターへ。


きっとまた子地蔵は一人大きいんだろうなと思って行ったのですが、
以外に同じ位の大きさの子がいっぱいいる。

オムツとれてないのも少数派か…とも考えてたのだけど、
さすがに殆どがオムツでした。


でもパンツの子も数名!
すごいなー。外出する時もパンツをはけるということは、
完全に卒業したということでしょ。
もう粗相もしませんよっていうママの自信が伺える。



保健士さんの質問にも普通に答えられたし、
歯科検診や内科医の診察も大人しく上手に受けられました。


身長:97.5cm
体重:15.2kg
胸囲:50.2cm
頭囲:49.9cm
カウプ指数:16.0


でもやっぱりちょっとデカイね。
ちょっとどこじゃないか(笑)

内科医の先生には、食べ方にもムラがあるし、
野菜を食べなくて困ると伝えると、
カウプ指数も理想的な数値だし、全体的にバランス良く成長してるので
問題なしと言われました。


ただショックな事実発覚。
一番不安だった歯科検診では、前歯の間にとうとう初期虫歯が発覚しました。
深刻な状態ではないけど、そろそろ年齢的にも
掛かり付けの歯医者があってもいいねと言われる。

そして、止める気配のない指しゃぶりのせいで、
噛み合わせた時、上の前歯と下の前歯の間に
ちょうど指一本分の隙間が…。

少しずつ止めさせるようにしないと、
大人になってからこういう歯になるよと模型を見せられる。

いわゆる出っ歯ね。


無理だよー!
ほんと無理だからー!


子地蔵から指しゃぶりを奪うということは、
大好きなフワフワもタオルケットも奪わねばならない。
いい加減今のタオルケットがボロボロになったので、
買い替えねばと思ってたのに。


これは大問題だ。



更に、困っている事はと聞かれたので、
□物を投げたり、叩いたり、蹴ったり。
□集中力がすぐきれる。
□落ち着きがなくてスーパーなんてとても連れて行けない。
□言う事を聞いてくれない。

なんてことを訴えてみました。

3歳なので、そろそろじっとしてる時はじっとしてる、
駄目と言われたらすぐやめるなど、
言う事を聞けるようにならないとですね、なんて言われる。

落ち着きがないということに関しては、
外なんかは常に知らない人や見慣れない物があったりで
どうしても刺激があるので、
刺激に弱いタイプかもと言われました。


家にいてもそうなんですけど、と言うと、
おもちゃなどは無地の箱に入れて一カ所にまとめ、
蓋をしたり布をかけたりするのも良いのではという
なるほど〜なアドバイス。


色々な場所におもちゃや手に取りたくなるものが散乱してると
あっちにもこっちにもとどうしても行きたくなるのだそうだ。

これは非常に有益な情報。
おもちゃ置き場はあっちこっちだったんで、
さっそく考えねば。

そういえば以前テレビで、部屋が整理されてないと
落ち着きのない子供になると言ってたわ。

ほんとはずっとそれが気になっていて、片付けたいって思ってたんだけど…。
言い訳をすれば、私一人では作業が追いつかない…。
重い腰を上げる時がとうとう来たようで。
さっそく今週末に、不要品破棄祭りの開催をしよう。


これは全面的にパパの協力も必要だろう。
パパー!パパも部屋をキレイにしてくださーい!


とりあえず様子を見て、半年後にまた様子を伺う電話をしてくれるそうです。



ともあれ、健康優良児なのは何よりでした!

posted by ボフ at 16:21| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

今日から3歳!

子地蔵、本日めでたく3歳になりましたー。
3年も経ったなんてほんとに早いなぁ…


今回はGW中に母が体調を崩して寝込み、
代わりにパパがたくさん遊んでくれました。


6日の今日は母が仕事でしたが、
午後にどうしても体調がすぐれず早退し、病院へ直行。
2時間点滴をして、帰宅したのは19時前。

息子の誕生日だというのに何も作ってやれず、
子地蔵の晩ご飯はお弁当…。


すまん、息子よ。



そんなゆる〜い今回の誕生日ケーキは。
車のチョコレートケーキ。

IMG_1314_convert_20110507145844.jpg

IMG_1313_convert_20110507145812.jpg


前回は新幹線だったので、今回は車にしてもらいました。
チョコケーキは子地蔵のリクエストです。

細部まで凝っていて、ほんとにピオンのケーキは芸が細かい。



そして、パパからのバースデープレゼントは〜


ワイバイク〜♪

IMG_1317_convert_20110507145901.jpg


アンパンマンの間に入るCMでやっていて、子地蔵も欲しそうだったんで、
本人はもう大喜びです。

が、しかし翌日は残念ながら雨…。
でも午後にはほぼ晴れ気味だったので少しだけやれたよ。

IMG_1322_convert_20110507145924.jpg


大人が乗れば全然大丈夫なんだけど、
子供にとっては初めての補助輪的なものがない乗り物なんで
若干バランスをとるのに練習が必要。

念のためヘルメットかぶせましたが、
運動神経抜群の子地蔵はもう必要なさそうです。


欲しかったもの買ってもらえて良かったねー。

3歳おめでとう♪



posted by ボフ at 22:29| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

春だねー

春ですね〜。
横浜は昨日、雨だったり強風だったりで良い日じゃなかったけど、
今日は穏やかであったかくて良い一日です。
なんか静かな日だなぁ。


桜ももうすぐ満開だね。

IMG_1272_convert_20110410142005.jpg


何の花かわからないけど、ジャスミンのようないい香りがするので
ずっと嗅いでいたら、子地蔵もうっとり。

IMG_1273_convert_20110410141619.jpg



公園で車のおもちゃを発見して、ちゃっかり遊ぶ。

IMG_1269_convert_20110410141550.jpg



進級してひとつお兄ちゃんのクラスになった子地蔵ですが、
ある日突然、しかもちょっとしたきっかけであることが出来るようになりました。

IMG_1295_convert_20110410141847.jpg


三輪車のペダルがこげるようになった!
わーい!


今まではコンビカーのように足で蹴って進んでたんですけど、
散歩の途中に「見て!ママほら!」って言うから振り返ると、
突然こげるようになってた。


おめでと〜。よかったねぇ♪



人一倍運動能力が発達している子地蔵は、まだ最後の2歳期ですが、
こんな遊具も一人で楽々こなしちゃいます。


ロッククライミング。

IMG_1276_convert_20110410141656.jpg

登って〜


IMG_1277_convert_20110410141712.jpg

登って〜


IMG_1278_convert_20110410141724.jpg

ついたど〜!




これもできるよ。

IMG_1275_convert_20110410141635.jpg





なぜか公園のベンチで一人サックスを吹く鉄のおじさん。
子地蔵これちょっと怖がってたんだけど、
最近は仲良くなりました。

IMG_1290_convert_20110410141828.jpg


IMG_1289_convert_20110410141811.jpg



posted by ボフ at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

進級

4月から子地蔵はひとつ上のクラスへ進級しました。

担任の先生がガラッと変わるのが不安だったんですけど、
子地蔵が一番好きな先生が引き続き担任になったので一安心。


来月には3歳かぁ。早いよねー。


今はがっつりイヤイヤ期と反抗期。
ちょっと思い通りにならないとすぐガー!っと泣きわめきます。

更に、全く言う事を聞いてくれません。
結局怒って、というか完全に逆切れなんだけど、
殴る、蹴る、投げるのバイオレンス状態。
しかも最近はグーで殴ってくるしね。


でもパパにはグーパンチはしない。
ママは完全にナメられてます。


早くこの時期を脱して欲しい。
成長の過程とは分かっていても、正直しんどい…。



そして、進級を期に溜め息なことがひとつ。
一人で洋服の着脱が出来るように練習するため、
ボタンなどのない着脱しやすい服を要求された。

下着もロンパースは不可。


子地蔵は体が大きいので、もう100cmを着てます。
このサイズはTシャツとかはいんだけど、
パンツ類は普通にボタンとジッパー付きが多い。
当然デザイン的にもかわいいやつを着せたいので、
今持っている服は殆どがゴムウエストじゃない。



朝着ていくやつと、着替え用にシャツとパンツと下着がワンセット。
掛ける最低5日分。

下着はロンパースが切れる体格じゃなくなったので
殆どが半袖Tシャツだからまだいんだけど、
Tシャツとパンツを7〜8枚ずつ買い替えろと?



更に、トイレトレーニングが始まるにあたって、
トレーニングパンツとオムツパッドとやらも。


そんなことに悩んでばかりいたら、
同じサイズの長靴を2足も買ってしまうというミスを犯しました。


先月1足買ったのをすっかり忘れていて、
あー長靴買っとかなきゃーとか思いながらポチッと注文ボタンを押してしまいました。


気付いたのは、その商品が届いて数日後。
サイズ違いなら良かったのだけどね。
2足も長靴いらないよねー。





posted by ボフ at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

地震のとき

忌まわしい地震発生から10日。
まだつい2〜3日前のことのような気がします。


そのとき私は会社で仕事中。
いつもと何ら変わらない日。

人一倍地震が苦手で敏感な私は、皆が揺れに気付く少し前から
微細な揺れを感じてました。

でも気のせいかも知れない。
みんな普通にしてるし。

そう思った途端、大きく揺れだし、みるみるうちに激しくなった。

職場はランドマークタワーの31階。
高層ビルは揺れを吸収するためにより大きな揺れになることは周知の通りですが、
これだけの高層になると想像を超えます。


もう立ってはいられず、私は床にへたり込み、
机に捕まり、なんやかや想像しながら、一人声を押し殺して泣いてました。


すぐ窓の外にはランドマークタワーの半分ほどの高さを持つクイーンズの高層ビル。
あれだけのビルが、まるでおもちゃのようにぐわんぐわんと揺れていた。
それだけで信じられない光景。


なのに、みんななぜか割と冷静。
特に男性社員は。

やっと揺れが収まったかなと思ったら、
社長が普通に歩いて来て、普通に話す。
「とりあえずみんな下に降りよかー」。


一人動けずへたり込んでる私を覗きこみ、
「大丈夫やでー、大丈夫やでー」。


なんで?なぜにそんな冷静なんすか?


腰がぬけかけた私を男性社員が支えてくれたり、
他の人はバッグとコートを持ってくれたり、
助けられながら、31階から非常階段で1階までひたすら降りる。
(ちなみにこれは避難訓練で一度は皆経験済み)

ビルから避難して来た会社員たちで下の階はいっぱい。


とにかく保育園にいる子地蔵が心配。
電話をするも当然つながらない。
震源地が東北沿岸で、私の実家がある岩手も壊滅的な被害が出ていると知り、
電話をするもやはりつながらない。
旦那の携帯もしかり。


何十階かけて、何とか保育園につながり、子地蔵の無事を確認し
まずは一安心。


2時間ほどぶらぶらとし、とりあえず戻ろうかということになり、
エレベーターもしばらく復旧できないので、
31階まで非常階段をひたすら上る。


一切仕事にならなかったけど、何とか17時半まで居座り退社。
電車が止まっているのは分かってたので、横浜駅までとりあえず歩く。

横浜駅は中も外も帰宅難民でびっしり。


バス乗り場へ行くと、自宅近くまで行くバスを発見したので列に並ぶ。
1時間半待ってようやく乗車でき、やっと帰れる〜と思ったのもつかの間、
大渋滞で全く動かず。

バスロータリーを出て、やっと500メートルほど進んだ時には既に
発車から1時間半経過!!!
一つ目の停留所にさえついてねーし。

どうしよう。これが続くなら間違いなく歩いた方が早い。
でも駅周辺だけかもしれない。

迷いに迷って、結局乗り続けましたが、
この判断は大間違い。

駅にして地元の大倉山から二つ手前の妙蓮寺駅近くの停留所についた時は
既に4時間経過。
ここで東横線が復旧したらしいというアナウンスが流れたので、
下車し、電車に乗り換えてやっと到着。


バスの車中で親戚のおばさんから子地蔵を預かってくれるというメールが届き、
お言葉に甘えて迎えに行って頂く。


一旦車を取りに、チャリで自宅へ帰った時はちょうど夜中の0時。
偶然そのとき何とか帰宅出来た旦那と落ち合い、
おばさんのお宅まで子地蔵を迎えに行く。

車ならたった20分ほどの距離を帰るのに、5時間半もかかりました。

歩けば1時間半で着いた模様。
ひとつ勉強した。


とにかく皆が無事で良かった。
実家も海は至近距離ですが、地形的に少し高い場所にあるため、
ほぼ無害でした。

堤防の内側にある建物や漁港の船は全部海にもっていかれたそうです。
この堤防、高さも厚みもかなりあってどう見ても頑丈なんですが、
少し破壊された部分もあるそうです。


津波の威力がどれだけのものか。
恐ろしいです。


地元の友人や、宮城に住む友人にも、
数日ごしに無事確認の連絡も取れました。

漁師の旦那さんがちょうどそのとき海に出ていて、
大変な目に会ったという友人や、
旦那さんはなんとか無事だったものの、
職場の仲間がたくさん流されてしまったという友人もいた。


生き残っても尚この悪夢。
北国で育った私は、この時期の向こうの寒さは良く知っています。
特に沿岸は、海からの冷たい風が相まって、
暖房をつけなければ家の中でも息が白くなる。


テレビで報道されている以上の惨状になっている避難所もあるそうです。
恐ろしくて内容は書けません。



パンが買えない
ガソリンがない



関東に住む私たちは、本当はそんなことを言ってる場合じゃないのだけど。


posted by ボフ at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。